campaign201712.jpg
newsletter_banner_1.jpg
最新号は 7月17日 発行

このエントリーをはてなブックマークに追加
IPLT_banner.png
国家資格知的財産管理技能検定
csme_bnr.jpg
知的財産アナリスト認定講座
banner03.jpg
suisentosho.jpg
banner_ginoushi.JPG
知的財産管理技能士会第19回定例研修『知財技能士のための戦略的交渉力入門 -戦術から戦略へ-』知的財産管理技能士会第19回定例研修『知財技能士のための戦略的交渉力入門 -戦術から戦略へ-』

研修委員会メッセージ テーマについて

今回の定例研修は、「交渉学」がテーマです。

私たち知財技能士は、企業における知的財産管理の知識と技能を有している一方、その力を日常業務において発揮することも重要です。

今回の研修テーマは、この「発揮する」というところに着目しています。私たちの日常業務においては、相手を説得したり、合意を取り付けるといったことがよくあります。例えば、社外的には、企業、研究機関・大学、特許庁との交渉、社内 的には、経営者、知財部門、開発担当者、弁護士・弁理士、さらには上司、部下、同僚との報告・連絡・相談といった組織内調整等もこれにあたります。交渉学では、自らの利益だけでなく、相手も含めた利益の全体構造を捉えることで、よりよい関係性や合意形成を目指す手法を学ぶことができます。

研修委員会では、交渉学を学ぶことが私たちの日々の業務の遂行力向上に大きく寄与し、その結果、ビジネスの成功確率も上がると考えました。はじめて交渉学という言葉を耳にされた方は、IPマネジメントレビュー17号・18号の「知的財産権を巡る交渉セオリー」で交渉学について触れていますのでご一読ください。

講師の隅田浩司先生は、日本における交渉学の初期からその普及に携わっていらっしゃいます。今回は、交渉学の基礎から最新の研究成果を踏まえて講義いただきます。これからの社会人に求められる視点を持っていただくためにも、是非、多くの知財技能士の方に受講していただきたく思います。


研修概要

テーマ
『知財技能士のための戦略的交渉力入門 -戦術から戦略へ-』

講  師

隅田 浩司 氏

東京富士大学大学院 教授
金沢工業大学 K.I.T.虎ノ門大学院 客員教授

研修のねらい

交渉学は、1980年代初頭に、アメリカのハーバード・ロー・スクールにおいて本格的な研究と教育プログラムが開始されました。最近は、法曹養成だけでなく、幅広くプロフェッショナル教育、リーダーシップ教育や研修に取り入れられるようになっています。このハーバード大学の交渉学研究・教育プログラムが現在、『交渉学』のグローバル・スタンダードとして広く受け入れられているものです。

この研修は、交渉学の最新の研究成果をわかりやすくお伝えします。その際、隣接領域である社会心理学や、意思決定論、そして組織論の研究成果をふまえ、特に、日本人がグローバルな日本人が効果的・効率的に身につけるにはどのようにすべきかを検証し、日本人が陥りやすい罠や心理バイアスなどを乗り越える技法について解説します。

研修内容 プログラムでは、交渉学の理論やフレームワークについて講義を行います。講義では、交渉力を支える論理的思考力の重要性と、人間が陥りやすい心理のわな(ヒューリスティクス)が交渉に与える影響を説明し、その後、交渉前の準備の効果的な進め方、そして交渉プロセスの学地面とを通じた合意形成の技法の基礎的なフレームワークを解説します。できるだけ事例を取り入れわかりやすく説明します。
プログラム

1. 交渉学の前提となる論理的思考力
  1)交渉における論理的思考の重要性
  2)心理のわな:ヒューリスティクス
  3)「勝ったつもり」になってだまされるリスク:説得技法のわな

2. 交渉の事前準備の方法論
  1)事前準備の重要性
  2)準備方法論 5 step approach
  3)Mission and BATNA:交渉の戦略立案

3. 交渉のマネジメント
  1)交渉は対話である、会話ではない
  2)プロセスのマネジメント
  3)クロージングのポイント

4. 戦略的交渉とは何か
  1)議論はハードに、解決策は柔軟に
  2)利益にフォーカスする
  3)「Win-Win」という甘い言葉にだまされない交渉力

認定単位 3単位  ※「認定単位」とは link.gif

▲ページトップへ

 

【講 師】

隅田 浩司(すみだ こうじ)

東京富士大学大学院 教授
金沢工業大学 K.I.T.虎ノ門大学院 客員教授

■ 略歴 ■

慶應義塾大学法学部法律学科卒業
慶應義塾大学大学院法学研究科民事法学専攻修士課程および博士課程修了、博士(法学)

専門は、経済法(企業法)、国際経済法、法理論、交渉学。

隅田浩司氏

東京大学先端科学技術研究センターMOT(技術経営)プログラム開発委員、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員、大宮法科大学院大学非常勤講師等を経て、現職。
競争法研究協会事例研究会講師、日本経団連グリーンフォーラム講師及び、慶應丸の内シティキャンパス客員ファカルティなどを兼任。

■ 著書・寄稿 ■

『プロフェッショナルの戦略交渉術』(日本経団連出版)
『戦略的交渉入門』(日本経済新聞出版社、共著)
など

 

【動画視聴】配信概要

配信日時 2015年10月15日(木) 15:00 ~ 2016年9月30日(金) 公開終了
受講資格 知財技能士会会員
視聴申込 不要
配信開始日に動画視聴パスワードをメールにてご案内します
動画視聴パスワードは「会員専用ページ」にも記載しています
受講料 無料
配信方法 Ustream(ユーストリーム)による動画配信 
収録日 2015年9月24日(木)収録


技能士会会員以外の方で視聴をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。 


▲ページトップへ

【公開収録】実施概要

収録日時 2015年9月24日(木) 13:20~17:40  (13:00開場・受付開始)
※研修終了後、懇親会あり(18:00より 懇親会費必要)
会 場 金沢工業大学大学院 虎ノ門キャンパス 
東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル 13階
参加資格 知財技能士会会員
質疑応答・ディスカッションのプログラムまでご参加が可能な方
※終了時刻は17:40を予定。その後の修了証お渡しとなります。
※会員でない方(利用登録者)は参加できません。
申 込
受付期間
2015年8月21日(金)~ 2015年9月4日(金)15:00 受付終了しました
受講料 無料
定 員 40 名



公開収録のご参加をご希望の方へ

収録後の受講者同士によるグループディスカッションにより、研修内容の理解をより深めることができます。


▲ページトップへ

お問い合わせ先

研修に関するお問い合わせは、下記のフォームをご利用ください。
※ お問い合わせフォームから研修へのお申込みはできません。

お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 | サイトポリシー
© 2008 Association of Intellectual Property Education All rights Reserved.