newsletter_banner_1.jpg
最新号は 11月15日 発行

このエントリーをはてなブックマークに追加
IPLT_banner.png
国家資格知的財産管理技能検定
csme_bnr.jpg
tsm175.jpg
知的財産アナリスト認定講座
IPマネジメントレビュー.jpg
banner03.jpg
suisentosho.jpg
banner_ginoushi.JPG

広報委員募集要項(平成30年度第1回)

広報委員会は、外部に向けた知的財産管理技能士の広報活動によるプレゼンス向上を目指すため、2017年度から新たに活動を開始しました。知的財産管理技能士の新たな外部における活躍の場を提供し推進する常設機関です。

全国に約84,000名(のべ人数・2017年8月現在)いる知的財産管理技能士が様々な企業やフィールドで活躍していることを外部に発信し、認知やプレゼンスの向上を目指します。各イベントへの参加・出展、知的財産管理技能士を対象としたインタビューなどによる活躍紹介、知的財産管理技能士による知財教育など、幅広い活動を計画中です。



1 委員の役割 ・ 外部に向けた知的財産管理技能士の広報活動によるプレゼンス向上を目指す
・ 知的財産管理技能士の新たな外部における活躍の場を提供し推進する
2 募集人数 若干名
3 任期 平成30年1月1日~平成30年12月31日
4 活動頻度

【委員会】:企画の都度実施。年4回程度。

委員会は19:00頃より東京都内にて開催。遠方の方はウェブ会議形式も可。
その他必要に応じて電子メールやグループウェア等を利用して随時意見交換等を行います。
開催日は企画の進捗に応じて、都度設定いたします。

【イベント等への参加・出展】:参加するイベントに準ずる。

知財に関するイベントに参加し、知財技能士の活躍を紹介。
※現在、特許庁が実施するグローバル知財戦略フォーラムへの出展を目指して活動中です。

 ・

【知財教育】:参加・実施するイベントに準ずる。

企業や学校等を対象として、知財技能士ならではの知財教育・知財啓発活動を行う。 

 ・

【その他各種企画】:各企画に準ずる。

現在公開中の「わたしのおすすめの一冊」をはじめとして、様々な知財技能士の活躍紹介、プレゼンス向上につながる企画を実施予定。


5 応募資格 委員に応募できる者は、次に掲げる必須要件を満たさなければならないものとします。望ましい要件は必須ではありませんが選考の際の考慮要素とします。

【必須要件】
  • 知財技能士会の活動趣旨に賛同し、広報委員業務に任期を通じて積極的にご貢献頂ける意欲があること
  • 知財技能士会会員の方
    ※応募時に入会フォーム送信が完了していれば可
  • 電子メールやグループウェアによる情報共有や意見交換、当協会会議室等での委員会への出席もしくは、Skype等での参加が可能な方(地理的な事情等により会合に参加できない場合)
【望ましい要件】
  • 知財や知財技能士に関する様々な企画提案をしたい方
  • 知財技能士に関する情報発信に興味のある方
  • 資格の活かし方・キャリアアップに関心のある方
6 応募方法
1 募集期間 : 平成29 年 11 月 15 日( 水 )~ 12 月 4 日( 月 )
2 応募方法 : 以下の「委員募集フォーム」よりご応募ください。
広報委員への応募にあたり、自身が知財技能士のプレゼンス向上のために実施したい企画がありましたら、委員応募フォーム内の「委員会で活動したいこと」欄でお知らせください。
入力いただいた個人情報は、応募内容の確認、委員の選考および応募者ご本人に連絡する目的に利用いたします。
7 選考方法 知財技能士会に設置する運営委員会で選考を行います。また、選考結果は、すべての応募者に対して通知いたします。
8 その他 ・広報委員会は、委員会活動に必要とされる範囲で年間予算を持ちます。予算の立案・実行については知的財産教育協会と相談の上決定いたします。
※その他報酬・会出席のための交通費補助等はありませんので、予めご了承ください
・委員就任に関する勤務先へのご説明等に使用いただく「選任依頼書」を、必要に応じて発行しています。
委員会活動について

研修委員会は研修委員の皆さんにて運営され、委員の皆さんの活動のサポート役として知的財産管理技能士会事務局2名が参加しています。

募集や活動内容についてご不明な点がおありの方は、下記のフォームからお問い合わせください。(知的財産管理技能士会 事務局 赤堀 )

 

 

お問い合わせ先

上記に関するお問い合わせは、下記のフォームをご利用ください。


お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 | サイトポリシー
© 2008 Association of Intellectual Property Education All rights Reserved.